Img_3eaa47288accdf41209d0dc40c8ac782
樋口新菜選手


樋口新菜選手    大アルカナ   スリーカード


1・過去   月   (逆位置)

物事が上手く進んでいた。



2・現在   戦車  (正位置)

物事が思い通りに前進。



3・未来   悪魔  (正位置)

魅惑的な誘惑。
欲求不満。


結果に不満があるのでしょうか?






Img_f44bcf1f83cd5ee06e59cdc4afaee136
樋口新菜選手
樋口新菜選手   第アルカナ   ワンオラクル


1・運命の輪   (正位置)

自分の預かり知らないところで物事が動いたり、流れが変化する予兆があります。
運命の輪に任せるしかないようです。

運命の輪が吉か凶か?  吉である事を願いましょう。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Img_0d05c771b004da28166fa0225ec14cb9
山下真瑚選手
山下真瑚選手    大アルカナ   スリーカード


1・過去   塔     (逆位置)

緊張状態を強いられ、精神的に辛い事があった?
ショックな出来事が発生。

何か余ほど良くない事があったようです。



2・現在   女帝    (正位置)

充実した豊かな生活。
満足感を得ている。



3・未来   審判    (逆位置)

救いの手に気付かない。
後悔や無念の気持ちが強まり、大きな挫折感。






Img_ccfac72cbd9e151b5d3b9379ce5dd249
山下真瑚選手
山下真瑚選手    大アルカナ   ワンオラクル


1・女教皇    (逆位置)

真面目になり過ぎたり、神経質になり過ぎて失敗しないように。



私見です。

山下選手は今大会がシニアGPシリーズ初参戦となります。
これまの大会と違い、緊張感の度合いは格段に上がると考えます。
緊張するでしょう。 無心になるのはとても難しい事だけど、平常心を持って演技して頂きたいです。
Img_27b7a675a4e530223253aaa1a46accc8
宇野昌磨選手 
宇野昌磨選手  大アルカナ  スリーカード


1・過去   悪魔    (正位置)

魅惑的なことに夢中、なんだそうです。  なんだろうね?
気持ちにゆとりがなく噛み合っていない。
混沌とした状況が続き悲観的。

何か精神的に疲れていましたか?




2・現在   節制    (逆位置)

バランスが崩れて不安に.....。
思うように前に進めず、渋滞中なのでしょうか?




3・未来   女帝    (逆位置)

全てが過剰になり過ぎ。
頑張り過ぎて、心が不安定。
現状に満足できない。



私見です。

宇野選手の競技者としての姿勢は、順位や得点よりも、自分が納得できる演技をする事に重きを置いているようです。  その観点からすれば、今大会は、結果として、その内容に自分が納得が出来るかどうか? と言う事なのでしょうか?










Img_202b690b2e38dfe62b8be04a80e0ac28
宇野昌磨選手
宇野昌磨選手   大アルカナ   ワンオラクル


1・節制   (正位置)

スリーカードでは、現在に「節制 逆位置」が出ていましたが、こちらでは、正位置となっています。

このカードは、心と身体、理性と感情等どちらかに偏ることなく、バランス良く、スムーズに進む状況を表しています。



私見です。

もしかすると、今大会は万全とは言えない状況なのかも知れませんが、その状態をバランス良くコントロールすることによって、困難を乗り越えようとしていると考えます、期待を籠めて。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Img_e55acb28b27615cd02352956c9a9d88e
友野一希選手
友野一希選手    第アルカナ   スリーカード


1・過去   恋人達   (逆位置)

良い関係を邪魔される。
人間関係でコニュニケーションが上手く取れなかったりする。

何か人間関係で、上手く行かないことがあったのでしょうか?



2・現在   魔術師   (正位置)

楽しく新しい出来事が.....。
自信を持って行動を起こす。
充実している。



3・未来   月     (逆位置)

何事も視界良好でクリア。
進むべき方向が見え、物事が順調に進む。








Img_988a9751b0f6f9df4e0976a3b9a5ce86
友野一希選手    大アルカナ    ワンオラクル


1・星   (正位置)

思う存分楽しむ。
夢や目標に向かって進んで行く。



私見です。

現在・未来に希望が持てるカードが出ています。
ワンオラクルのカードも明るい未来を予感させてくれます。
大いに、期待が高まりますね。
Img_795a88878f8f52dbd02da11fc05794a6

1.過去   棒 ACE  (正位置)

勢いがあり、意欲と情熱のあるスタートを切れたようです。
先のネペラ杯において、一試合で3Aを2回成功し優勝するなど、勢いのある充実したスタートを切れたようです。




2.現在   棒 5    (正位置)

これを、競技者としての立場から見た場合、負けられないライバルたちと互いに刺激(切磋琢磨〕し合い、戦いながら向上して行くと見る事が出来ます。

一方で、関わりのある人物達との関係性と見るならば、良好な関係であっても、ほころびが生じさまざまな衝突が起こるかも知れません。

現状に満足出来ず、何か新しい事にチャレンジしようとしていて、その事でもしかしたら「敵」を作ることになるのかも知れません。 それがどのような事なのかは、この占いでは私には紐解く事が出来ませんが、コーチングとか所属関連とか、そういった事なのかな?




3.未来   棒 4    (逆位置)

不安定で居心地が悪いようです。
目標に向かって進もうとしますが、なかなか辿り着けません。

同じ方向を向いて、共に喜び手を携えて、支えてくれる人間が周りにいないのかな?

未来がこれだと悲観的ですね。




4.環境   剣 6    (正位置)

このカードは見るたびに怖いんですよね。 少なくとも、希望に満ちた楽しい場所に向かっているようには思えない。 何か大きな覚悟を持って、人目を忍んで新天地へ向かっている図に見えます。

かつて自分が持っていた考え方を一端リセットして(古い自分を捨て)、新しい世界へと変ろうとしていると言うことでしょうか。 自分を変えようとしているのかしら?

だとすれば、この道は、決して平坦ではないけれど、希望は見えている、とします。

 
色々と身辺穏やかではないような気配ですね。 これが本人の意志なのか? どうなんでしょ。  




5.願望   剣 3    (正位置)

例え辛く苦しくても、過去のしがらみから脱出し、不安はあっても一歩を踏み出し、成長し大人(強い自分)になりたいと願っている?

辛い別れがあるのかな?  独立...とか?  




6.対策   聖杯 5   (正位置)

立ち直れないほどの喪失感と無念さに苛まれるかも知れないが、希望はまだわずかに残っていると見ましたが、厳しいですね。

目の前に起こる事柄にくじけず心をコントロールし、僅かな希望を逃さぬように.....でしょうか?

ことごとく、厳しいですね。
ここは、我慢しかないと言うことですか?  だとしたら、16歳の少女には過酷です。




7.結果   聖杯 女王  (逆位置)

「愛されたいわがまま娘」とあります。

なかなか、自らの置かれた状況に納得が出来ないのかな?
「なんで私がこんな目に合うの?!」と不満に思っているのでしょうか?
「もっとやれるはずなのに、どうして?」と歯がゆく感じているのでしょうか?

事態が思うようにならず、苛立ちを感じている?


孤立しないように、心をコントロールする努力が必要でしょう、自滅だけは避けなければ。





紀平選手は10日ほど前にヘキサグラム・フルデッキで占いました。
その時は、驚くほど良いカード(豪勢な)が出ていて、テンション上がり気味だったのですが、私の師匠(とお呼びしています)のコメントとして、「良いんだけど、天狗にならないように気をつけないと。  それから、もしかすると、団体行動が苦手な子なのかしら?」と頂いています。


今回の結果は、前回とは全く趣が違い、私の拙い読み解きを持ってしても、かなり厳しい内容になってしまいました。


カード全体の並びを見ても、ちょっと気が重くなる感じです。
読み解いていても、気が滅入っちゃいそう。  
なんだか、意地悪ばあさんになった気分^^;

大丈夫だけど^^





私の訪問ブログ様が、再度、紀平選手を占っておられます。 私の占いよりも一層詳しく、また占いの分析も詳細でありますので、分り易いと思います。

今回、紀平選手を再度占ってみようと思ったのは、上記のブログ様での結果があまり芳しくない様子ですので、改めて、私もチャレンジ致しました。

その結果が今回のものです。





感想としては、「結果」がもう少し希望が持てるものであれば良かったのにと感じています。
途中が厳しくとも、結果が良いと「結果オーライ」となりそうなので^^;

今の紀平選手には、心優しき信頼できるサポート役が必要な気がいたします。
いらっしゃると思うのだけれど.....。



Img_8466649a498aa35cc68376a1b0483b8c
宇野選手
大 アルカナ   ダイヤモンドクロス
(現状・問題・未来の3項目は、宇野選手から見た読み解きとします)


1・現状  魔術師  (正位置)

宇野選手の置かれている状況や本音を見るとすれば。

区切りをつけ新しい状況に旅立つことになるようです。 これからは、自分がリードして動いて行こうという意志を持っています。

今年7月に開催されたTHE ICEから、気持ちの持ち方に変化があったように感じています。
演技者としてだけではなく、ショーの中心に立つ人としての責任感が芽生えてきたのでしょう。
それが、演技にも現れてきているかと.....。




2・相手  太陽   (正位置)

羽■選手の考えている事や言動の裏側にある本音を見るとすれば。
 
羽■選手は「まだまだ俺様はやれるんだ。これからもスポットライトを浴び続けるんだ。俺こそが絶対王者様なんだ」って、今も考えているのかな?  .....それとも、願望?


一方で、こう言う見方はNG?

「太陽 正位置」にある、太陽を背にし、旗を掲げて馬に乗り微笑んでいる子供が宇野選手に思えたのです。

「太陽 正位置」を宇野選手本人と見た場合。

羽■選手は、宇野選手の持っている純粋で汚れの無い人格と、多くの人に愛されている事について、それらが自分には無いものと感じ、内心「嫉妬に近いような憧れ」の意識がある?
更に、宇野選手が競技者としても、自分を置いてどんどん先に進んで行く事に対する焦りもあるかな?

「お日さまのよう」と称される宇野選手。

羽■選手には、眩い存在になってしまったのかな?
それは彼にとって、到底受け入れたくない事実なんだけど、ね。


羽●選手に「太陽 正位置」が出たことについては、どのように読めば良いのか考えてしまいました。

この「太陽 正位置」のカードを、羽■選手の背後に位置させるか? それとも前面(宇野選手と見立てる)に置くか? 二通りの見方で読み解いてみました。

いずれにしても、この「太陽 正位置」は、洩れ伝わって来る羽■選手に関する情報と照らし合わせてみても、「最■の悪■掻き」のように見えて、決してハッピーな事柄を告げているカードではないような気がしました。 





3・問題  死神   (正位置)

二人の関係性と乗り越えなければならない試練は?

関係の終りを告げています。
宇野選手は新たなステージに向かって出発しようとしています。

もう彼の前に羽■選手はいないようです。





4・未来  月    (逆位置)

これまでのカードを踏まえて、これからの二人の関係性は?


宇野選手の気持ちや考えが次第に明確なものになり、非常に前向きで積極的な姿勢に変わり始めて行くようです。

これからも「自分の納得の出来る演技をする」と言う信念の下、何の迷いもなく、過去を振り返ることもなく、真っ直ぐ進んで行くのでしょう。

「信頼できる リーダー(町田 樹氏 談)」として。



宇野選手の前には羽■選手はいないのでしょう。

ただし、インタビューで。

「宇野選手にとって羽■選手は?」と聞かれ。

「尊敬しています」とは、答えるのかな?.....たぶん。








Img_48a80834a9701c54b44bacdac5980700
浅田 真央さん
大 アルカナ   ダイヤモンドクロス
(現状・問題・未来の3項目は、浅田真央さんから見た読み解きとします)



1・現状   女帝  (正位置)

浅田真央さんの置かれている状況や本音を見るとすれば。

これまでの頑張りが報われ、満足の行く結果が得られています。そして、「母なるもの」として、全てを優しさで包み込む様子が伺えます。

心地よい充実感を感じていることでしょう。




2・相手   女教皇 (逆位置)

羽■選手の考えている事や言動の裏側にある本音を見るとすれば。

「激しすぎる思い込み」とあります。

羽■選手は、内心、将来への不安感に苛まれていませんか?
もしや、「真央ちゃんに嫌われてしまったのかな?」って疑心暗鬼になっていませんか?
「昔みたいに、ショーで競演したいな.....」「真央ちゃんは今でも僕が一番なんでしょ?」なんて
思ってませんか?

それって、もしかすると「片思い」かもしれないよ--;



3・問題  皇帝 (逆位置)

二人の関係性と乗り越えなければならない試練は?


真央さんには「不信感」しかないようです。

仕方がないかな?
だって真央さんの邪■をしたのは、君なんだもの。



4・未来  教皇 (正位置)

これまでのカードを踏まえて、これからの二人(バックのスケ連も含みます)の関係性は?


「正しい道を進む」とあります。

ルールや道徳を表し、正しい道を歩んでいることを示していますので、真央さんの未来はどんどん開けて行き、人間関係においても、信頼と尊敬が築かれるでしょう。

正しい道を進み、「ルールや道徳」の力で、「負の輩」を糺して頂きたいです。





ここからは私見ですので上記の占いとは別の物とさせて頂きますm--m

真央さんの選手生活は、決して平坦な物ではなく、むしろ過酷過ぎるほど過酷な日々だったと思います。 常人では到底乗り越える事等不可能と思われる状況にあっても、多くを語らず、ただ前を向いて戦っていた姿を見ていて、「この人は神様から使命を受けて地上に舞い降りて来た人」だと思っていました、今もそうです。

サンクスツアーの成功、引退しても尚、活躍の場を広げられ、そして誰からも愛されている。
最近の真央さんを見ていると、その柔らかな笑顔と物腰に、「母性」を感じます。合わせて「父性」も感じさせる強さと逞しさも持っていらっしゃる。

本当に「凄い人(語彙が乏しくてごめんなさい)」です。



Img_e1fbe4d63a67110a37860ad8d5b2302b
浅田 舞 さん
浅田 舞 さん


1・過去   法王 (逆位置)

不安やストレスで気持ちが乱れていたようです。  その時期がいつ頃なのかは分りませんが、私の知る限りでは、舞さんのこれまでの人生(スケートを始めた幼少期から選手生活に終止符を打つ頃までとします)は、公私共に彼女にとって辛い日々だったと考えます。

それとも、直近のいつかは分りませんが、何かがあったのかしら?

  

2・現在   世界 (正位置)

これまでやってきた事が、良い結果をもたらしているようです。妹の真央さんと共に、真央さん主催のアイスショーに参加をし、各地で成功を収めています。  舞さんはこのアイスショーを12月の島根公演を最後に卒業とされるとか、今後はご自身のやりたいことに進みたいとの思いからだそうです。 

とは言え、フィギュアスケート選手を引退された後は、アイスショーで活躍されたりテレビでスポーツキャスター等タレント活動、また舞台に立たれたりとマルチに頑張っておられるようなので、その事については、現在進行形の事柄として充実されているのではないでしょうか?


また、恋愛関係を無事築くことができるとなっていますので、現在、噂されている方と良い方向に向かう事が暗示されているのでしょうか?
(木村藤子さんからは、結婚は焦らずに、との言葉が、これは何を意味している??)  


3・未来   審判(逆位置)

せっかく良い方向に向かってくれそうになったのに、ここで「審判 逆位置」が出てしまいました。
  
「これまでの努力や苦労を途中で辞めてしまい、自分の可能性を自ら放棄してしまう。 努力の方向を間違って、望まぬ結果に至る」と、なっています。

舞さんには、物事に対して頂点に達する前に飽きるところがあるとの指摘がありました。
そうであるならば、自分のそのような性格を自覚して、最後まで諦めずにやって頂きたいと思います。

私から見た舞さんは、「才色兼備」、素晴らしい女性です。
どうかその恵まれた才能を、大きく花咲かせて欲しいです。




ここからは私見ですので偏った見方をしているかも知れませんがご容赦くださいませ(長いです)


先日のテレビ番組の中で木村藤子さんと対談をされていましたが、未だに真央さんに対してコンプレックスがあると告白なさっていました。 トラウマになっている。
  
過去に姉妹の確執はあったけれど今は穏やかな関係になっているそうですが、スケートの世界に少しでも身をおく限り、真央さんに対するコンプレックスは付いて回るのかな?と。
同じステージに立つと言う事は、相手に対して抱いている苦しみも一緒に付いて来ると.....思います。
けれど、そのような想いは早く克服して頂きたいです。
そうなんですよね、人には「得手不得手」な事柄があるのですから最後までやり遂げることが、克服に繋がるはず。
そのためにも、舞さんの得意な分野でその才能を生かして頂きたいです。

木村さんからの「スケートは合っていない(これは亡くなったお母さまが感じてらした事?)」との言葉に涙されていた舞さんです。 スケートと向き合っている日々は、辛かったんだろうな、妹はどんどん先を走って行ってしまうし。

舞さんは、気質としてアスリートには向いていなかったんじゃないかしら?。


恐らくフィギュアスケートは辞められるのでは?と感じています。  
ある方によれば、舞さんはリンクに立っているだけで「レベル4」なんですって、私も同じ気持ちです。   本当に勿体無いない.....。

それならば、その「レベル4」を好きな分野で発揮して欲しいです。



サンクスツアー参加は、姉として真央さんの活動に協力と言う思いもあったのでしょう。
アイスショー未体験のスケターさんが何人かおらるそうですので、その方たちと真央さんとの間のパイプ役も担ってらしたと考えます。
サンクスからの離脱は、これは私の想像ですが、良く言えば、もうその役目を果たしメンバー間の絆や技術的な事柄が上手く進むようになってきたから.....なのかな?  
舞さんにとっては、皆で作り上げる達成感や楽しさもあったでしょうが、精神的に「きつい」部分もあったりして.....。
それから、これは、そうであっては欲しくない事なのですが、先日のアイスショー公演中に、別のスケーターさんとの接触事故があったそうです。 事柄の詳細は知る由もありませんが、「妹に迷惑を掛けてしまった」と言う思いが少なからずあったのではないかしら?

事故は起きない方が良いに決まっているけれど、事故の事を知った時、最初に思ったのが。

「なぜに舞さんなの?」と。


巡りあわせなのかなぁ?  

木村さんの言葉の中で印象的だったのが。
「真央さんにたいするコンプレックスを未だに抱くのは、舞さんが、強い心と弱すぎる心(ナイーブな心)を持っているから」。

二つの心が自分の中でせめぎあっている状態なのだと思います。
どちらの想いにも浸れないと言うか、それぞれの想いを持った二人の自分が葛藤している、感じかな?   
とてもしんどいと思います。

幼い頃から人一倍頑張ってきたのしょうね、根が真面目なんだよね、きっと。 我慢もしていた。
お母さまも相当厳しい方だったようです。 お母さまとの確執、それが妹との間にも派生してしまう。
「血の涙を流してでも努力する真央さん」、それほどの強い心を持った人は.....いません。
特別。
でもでも、真央さんのことを語る?なんて、私にはとてもできません。 だからと言って舞さんを軽く見ているとかではなく、全てではないけれど、精神面で私自身と置き換えて見てしまう部分があるのは事実です。

結構、ややっこしい性格なのよね、だから、自分で自分を苦しめちゃうのよね^^;
堂々巡りなんだよね、自分でも訳わかんなくなっちゃうんだよね。


自分を赦す、ってことなのかなぁ?  肩の荷を降ろしてください。



自分自身に苦しみ痛い想いをした分だけ、人の心の痛みもわかる人になれる、はず。


いつかきっと.....。






(画像はお借りしています)






Img_3d0d7b97c4a6c98e12b12eba955d2a80
本郷理華 選手
本郷理華 選手


1・過去  節制 (逆位置)

バランスが崩れ不安に。

順調だったはずの選手生活が、怪我や、自分を取り囲む周囲の環境に翻弄され、思うように送れなかったようです。



2・現在  審判 (正位置)

救いの手が差し伸べられる。

練習拠点をカナダに移し、新しく出直そうとしている。  今後に大いに期待ができそう。


3・未来  愚者(正位置)

常識から放たれ、自由に。

しがらみから開放され、心身共に自由になれそうです。  良かったです。
良いことにばかり気を取られていると、反対に良くない事態が起きるかも?
心を正しく持って、慎重に.....ですかしら?

今の日本女子フィギュア界には、正しい姿勢を見せてくれるような、信頼の置ける現役の先輩がいません、残念ですが。

本郷選手に復帰していただき、後輩達のお手本となって引っ張って行ってくださる事を期待しています。

そして、あのダイナミックなスケーティングを見せて下さい。