Img_51703cd39bace5cabb0ede383ff80028
紀子様を質問者 眞子様を相手とします
先日行われた秋篠宮殿下のお誕生日会見にて、殿下から眞子様とKKの交際について厳しいお言葉がありました(今のままでは納采の儀(婚約)を行う事は出来ない)。 その席で、一人の母親として娘を想うお心の内を語られました紀子妃殿下と、眞子様の関係性を見てまいりたいと思います。

1・現在のお二人の関係(紀子様からの関係とします) 

                  カップ10(逆)   庭園  雲

● カップ10(逆)     惰性の毎日・代わり映えしない日々
● 庭園          交流
● 雲           一時停止    庭園 雲=会話が少なくなる として

▲ 二人の間に会話が少なくなり(庭園 雲)、心が弾まない、憂鬱な気持ちが晴れない日々(カップ10逆)である。




2・近未来(紀子様からの近未来とします)

                  魔術師(逆)    鞭  ハート

● 魔術師(逆)      迷いがある・進みたいのに進めない・周囲の賛同が得られない
● 鞭 ハート       要注意人物(KKのこと? 一説にはサイコパスでは?との指摘も)

▲ 金銭問題を抱え(殿下のお考えは、そのような問題があるならば、きちんと説明をされるべきとのこと)、人格的にも問題のあるKK(鞭 ハート)との交際に賛同出来ない、かと言って「猛反対」との強い姿勢も示せないで入る(魔術師 逆)
眞子様の心情を考えて?





3・紀子様(質問者)の内面(性格)を眞子様(相手)はどのように感じているか

                  愚者(正)     鳥  熊

● 愚者(正)       嘘や駆け引きが無い純粋な気持ち
● 鳥           コミュニケーション・会話
● 熊           母性・保護者

▲ 母としての慈愛に満ちた優しい言葉を掛けてくれる清らかで純粋な心の持ち主。





4・紀子様(質問者)の外面(態度)を眞子様(相手)はどのように感じているか

                  太陽(逆)     クローバー  指環

● 太陽(逆)        覚悟が出来ておらず逃げ腰・心身共にパワー不足
● クローバー 指環     良好な契約=KKとの交際?

▲ KKとの交際(クローバー 指輪)に対し、KKへの疑念の思いはありながら、強く反対出来ずにいる(太陽 逆)

☆ これは、上記の項目全てから感じ取れる事だと考えます。 秋篠宮殿下のお誕生日会見の折、KKとの交際について直接には触れず、母として、眞子様の健康や心の傷について心配をしている事のみ言及されたことに対して感じた事です。

  


5・眞子様(相手)の状況      カップ王(正)   淑女  花束

● カップ王(正)      全てを受け入れる心境・適切に対応できる
● 淑女 花束        毅然(潔い)とした態度 とする

▲ 毅然とした態度(淑女 花束)で、起きた事をそのまま受け入れる(カップ王 正)
もしくは、受け入れようと努力している。

new★12月4日付け追記記事

魔女さまから 
「杯キング」(愛情深い男性)が本当のお相手じゃないか?と思ったんですけど。直感で。
あれだけ嫌われていると、私は文仁親王は最初からKKがお嫌いの様子。押し付けられて、(女帝様から)脅されて、仕方なく…だったとしか思えない。」とのお言葉を頂戴致しました。

カップ王(正)には 愛情深い男性という意味もあります。 ルノルマンの 淑女+花束は美しい人と言う意味があり、これを眞子様と見れば、ぴったりと合致致します。 魔女さま、貴重なご意見、ありがとうございました。




6・眞子様(相手)の願望      皇帝(逆)     キツネ  騎士

● 皇帝(逆)        厳しい現実が立ちはだかる・
● キツネ          知略・かしこい人
● 騎士           忠誠・ニュースを運ぶ

▲ 5番の状況を達成しようとするならば、目の前に立ちはだかる厳しい状況(皇帝 逆)を、改善できるような適切な手立て(良策)を得たい(キツネ 騎士)




7・紀子様(質問者)の状況     カップA(逆)   子供  家

● カップA(逆)      喪失感で空っぽ・心に穴が開いた状態
● 子供           未熟・未発達
● 家            家族・家族的な信頼関係  
☆ 子供 家=家庭内が上手く機能しない・家族間の信頼が揺らいでいる

▲ 家庭内(眞子様との関係)が上手く行かず、無力感で心に穴が空いた状態で、ご心痛な日々が続いている。




8・アドバイス           世界(正)     道  ネズミ 

● 世界(正)       応援してくれる人を信じることが大切・喜びは周囲の人と分かち合って
● 道 ネズミ       今の決断は無益なもの、結果を生むものではない

▲ 一人で抱え込まず、応援してくれる人を信じて(ご家族の結束とも考えられます)決断を焦らずにじっくりと進む事が大切かと、眞子様と心を割った話し合いも大切。  


          
Img_7327ee8f5422b638120faccc9f409562
眞子様を質問者 紀子様を相手とします
1・現在のお二人の関係(眞子様からの関係とします)

                     カップ6(正)   クローバー  ハート

● カップ6(正)     過去が蘇る時・忘れていたピュアな心を思い出す時。原点に立ち返る
● クーロバー  ハート  ときめき・喜び

▲ 二人で心おきなく喜びを分かち合っていたあの頃が蘇り、昔のピュアな心を思い出している。
眞子様も少し心が和らぎ始めておられるのかな? だと良いのですが。



2・近未来(眞子様からの近未来とします)

                     カップ7(逆)   キツネ  錨

● カップ7(逆)     問題に立ち向かおうとする状態
● キツネ         賢い人物・自己主張
● 錨           安定・信頼・希望

▲ 冷静に自分自身の置かれている現実を見詰め(キツネ 錨)、そこにある問題に立ち向かおうする(カップ7 逆)



3・眞子様(質問者)の内面(性格)を紀子様(相手)はどのように感じているか

                     カップ・ナイト(正)  魚  鞭

● カップ・ナイト(正)     人に慕われる・心の優しい・一緒にいると気持ちが落ち着く
● 魚 鞭            物欲が無い とする

▲ 物欲が無く(魚 鞭)一緒にいると気持ちが安ぐ優しい性格(カップ・ナイト 正)




4・眞子様(質問者)の外面(態度)を紀子様(相手)はどのように感じているか

                     カップ3(逆)     道  太陽

● カップ3(逆)        実りのない行動や会話によりただ時間の浪費
● 道 太陽           無気力で怠慢な様子とします

▲ まだ心身共に回復しているとは思えず、差し障りの無い会話に留まっていて中々本心を話してくれない。 もしくは、話せないでいる。




5・紀子様(相手)の状況         カップ10(正)     熊  紳士

● カップ10(正)        平和・わきあいあいの関係・家族や友人との暖かい時間
● 熊 紳士           包容力がある・頑固=秋篠宮殿下とします

▲ 今は殿下に全てを委ね頼っている状況、家庭内の事(主に、眞子様に関する事)は殿下の仰る通りに、ご自身は家庭内の温かい時間を大切にできるように務めている。        




6・紀子様(相手)の願望         悪魔(正)       鳥  子供

● 悪魔(正)          仕方がないと言い訳をする・甘えや依存心の強さ
● 鳥 子供           子供の情報=眞子様の想いとします

▲ 眞子様の想いのままに心のままに。     
☆悪魔(正)をどのように解釈するかで迷いましたが、あえて「想いのままに、心のままに」としました。
                   

    

7・眞子様(質問者)の状況        星(逆)        棺  コウノトリ

● 星(逆)           何も実らず流れてしまう・目標を見失う。未来を悲観している
● 棺              悲しみ・終り
● コウノトリ          移動・変化・改革

▲ 今だ未来を悲観している様子だが(星 逆)、少しずつ悲しみや苦しみが薄らいで行っている、立ち直ろうとしている(棺 コウノトリ)




8・アドバイス              力(逆)        月  庭園

● 力(逆)           気持ちが冷めているなら諦めて・割り切った対応
● 月 庭園           密会・人目を忍んで・お忍び

▲ KKに対する想いが冷めているのなら、きっぱりと忘れましょう。 そして、新しい出会い(月 庭園=旧宮家のご令息とのお話が水面下で進められているのでしょうか?)に向けて歩みましょう。


私見です。

今回占ってみて一番に感じた事は、紀子様の母として娘を想うお気持ち(愛)でした。 
許されない恋ではあるけれど、娘の一途な想いに触れ、母として厳しい言葉で諌めることも出来ず、かといって、決して幸せにはなれない結婚であることは明白。 お辛い立場を表しているカード達でした。 宮様のお誕生日会見での紀子様の御発言を顧みても、眞子様を心配するお言葉ばかり、途中涙を堪えておられるようにも見えました。
眞子様にしましても、「今のままで良いはずがない、何とかしなくては」との想いを持ち始めておられるご様子。 まだまだ葛藤もおありでしょうし、心の傷も癒えてはおられないかと思いますが今一度、お気持ちを話される事が大切かと、生意気ですが、カードの結果を見てそのように感じましたm--m

カードの結果を見ますと、眞子様とKKの交際は事実であったと言うことになりますが.....?
それで宜しいのでしょうか?
これまで、眞子様とKKとの関係については色々な意見がありました。 また、黒髪の宮様と白髪の宮様の存在であるとか、その他色々あります。 
真実を知る術はないのですが、眞子様がKKによってハ■ート■■プの罠に掛ってしまったと見るのは妥当だと思っています。
最近次々に起こる不穏な事件の数々。 それらを手繰り寄せれば、何か大きな「事」に辿り着き、それらの真実が明かされる事になるやも知れません。 私は、そうなるべきと考えます。
これまでの長きに渡り秋篠宮殿下ご家族が歩まれた苦難の歳月が、終わりを迎える日が一日でも早く訪れる事を願って止みません。

(私がタロット占いの練習を始めて最初に占ったのが紀子妃殿下でした。 ちょうど2ヶ月前10月初旬でした。 12月からは、今まで隠されていた事が表に出てくるような大きな動きが始まるそうです。  その月の初めに紀子様と眞子様のご様子を占わせて頂けた事うれしく思います。
とは申しましても、未熟な私の占いですので私流の解釈でしか読む事が出来ていません。 こうあって欲しいと言う微かな期待も籠めた、今の私の精一杯の答えです、はいm^^;m)