Img_8466649a498aa35cc68376a1b0483b8c
宇野選手
大 アルカナ   ダイヤモンドクロス
(現状・問題・未来の3項目は、宇野選手から見た読み解きとします)


1・現状  魔術師  (正位置)

宇野選手の置かれている状況や本音を見るとすれば。

区切りをつけ新しい状況に旅立つことになるようです。 これからは、自分がリードして動いて行こうという意志を持っています。

今年7月に開催されたTHE ICEから、気持ちの持ち方に変化があったように感じています。
演技者としてだけではなく、ショーの中心に立つ人としての責任感が芽生えてきたのでしょう。
それが、演技にも現れてきているかと.....。




2・相手  太陽   (正位置)

羽■選手の考えている事や言動の裏側にある本音を見るとすれば。
 
羽■選手は「まだまだ俺様はやれるんだ。これからもスポットライトを浴び続けるんだ。俺こそが絶対王者様なんだ」って、今も考えているのかな?  .....それとも、願望?


一方で、こう言う見方はNG?

「太陽 正位置」にある、太陽を背にし、旗を掲げて馬に乗り微笑んでいる子供が宇野選手に思えたのです。

「太陽 正位置」を宇野選手本人と見た場合。

羽■選手は、宇野選手の持っている純粋で汚れの無い人格と、多くの人に愛されている事について、それらが自分には無いものと感じ、内心「嫉妬に近いような憧れ」の意識がある?
更に、宇野選手が競技者としても、自分を置いてどんどん先に進んで行く事に対する焦りもあるかな?

「お日さまのよう」と称される宇野選手。

羽■選手には、眩い存在になってしまったのかな?
それは彼にとって、到底受け入れたくない事実なんだけど、ね。


羽●選手に「太陽 正位置」が出たことについては、どのように読めば良いのか考えてしまいました。

この「太陽 正位置」のカードを、羽■選手の背後に位置させるか? それとも前面(宇野選手と見立てる)に置くか? 二通りの見方で読み解いてみました。

いずれにしても、この「太陽 正位置」は、洩れ伝わって来る羽■選手に関する情報と照らし合わせてみても、「最■の悪■掻き」のように見えて、決してハッピーな事柄を告げているカードではないような気がしました。 





3・問題  死神   (正位置)

二人の関係性と乗り越えなければならない試練は?

関係の終りを告げています。
宇野選手は新たなステージに向かって出発しようとしています。

もう彼の前に羽■選手はいないようです。





4・未来  月    (逆位置)

これまでのカードを踏まえて、これからの二人の関係性は?


宇野選手の気持ちや考えが次第に明確なものになり、非常に前向きで積極的な姿勢に変わり始めて行くようです。

これからも「自分の納得の出来る演技をする」と言う信念の下、何の迷いもなく、過去を振り返ることもなく、真っ直ぐ進んで行くのでしょう。

「信頼できる リーダー(町田 樹氏 談)」として。



宇野選手の前には羽■選手はいないのでしょう。

ただし、インタビューで。

「宇野選手にとって羽■選手は?」と聞かれ。

「尊敬しています」とは、答えるのかな?.....たぶん。








Img_48a80834a9701c54b44bacdac5980700
浅田 真央さん
大 アルカナ   ダイヤモンドクロス
(現状・問題・未来の3項目は、浅田真央さんから見た読み解きとします)



1・現状   女帝  (正位置)

浅田真央さんの置かれている状況や本音を見るとすれば。

これまでの頑張りが報われ、満足の行く結果が得られています。そして、「母なるもの」として、全てを優しさで包み込む様子が伺えます。

心地よい充実感を感じていることでしょう。




2・相手   女教皇 (逆位置)

羽■選手の考えている事や言動の裏側にある本音を見るとすれば。

「激しすぎる思い込み」とあります。

羽■選手は、内心、将来への不安感に苛まれていませんか?
もしや、「真央ちゃんに嫌われてしまったのかな?」って疑心暗鬼になっていませんか?
「昔みたいに、ショーで競演したいな.....」「真央ちゃんは今でも僕が一番なんでしょ?」なんて
思ってませんか?

それって、もしかすると「片思い」かもしれないよ--;



3・問題  皇帝 (逆位置)

二人の関係性と乗り越えなければならない試練は?


真央さんには「不信感」しかないようです。

仕方がないかな?
だって真央さんの邪■をしたのは、君なんだもの。



4・未来  教皇 (正位置)

これまでのカードを踏まえて、これからの二人(バックのスケ連も含みます)の関係性は?


「正しい道を進む」とあります。

ルールや道徳を表し、正しい道を歩んでいることを示していますので、真央さんの未来はどんどん開けて行き、人間関係においても、信頼と尊敬が築かれるでしょう。

正しい道を進み、「ルールや道徳」の力で、「負の輩」を糺して頂きたいです。





ここからは私見ですので上記の占いとは別の物とさせて頂きますm--m

真央さんの選手生活は、決して平坦な物ではなく、むしろ過酷過ぎるほど過酷な日々だったと思います。 常人では到底乗り越える事等不可能と思われる状況にあっても、多くを語らず、ただ前を向いて戦っていた姿を見ていて、「この人は神様から使命を受けて地上に舞い降りて来た人」だと思っていました、今もそうです。

サンクスツアーの成功、引退しても尚、活躍の場を広げられ、そして誰からも愛されている。
最近の真央さんを見ていると、その柔らかな笑顔と物腰に、「母性」を感じます。合わせて「父性」も感じさせる強さと逞しさも持っていらっしゃる。

本当に「凄い人(語彙が乏しくてごめんなさい)」です。



Img_e1fbe4d63a67110a37860ad8d5b2302b
浅田 舞 さん
浅田 舞 さん


1・過去   法王 (逆位置)

不安やストレスで気持ちが乱れていたようです。  その時期がいつ頃なのかは分りませんが、私の知る限りでは、舞さんのこれまでの人生(スケートを始めた幼少期から選手生活に終止符を打つ頃までとします)は、公私共に彼女にとって辛い日々だったと考えます。

それとも、直近のいつかは分りませんが、何かがあったのかしら?

  

2・現在   世界 (正位置)

これまでやってきた事が、良い結果をもたらしているようです。妹の真央さんと共に、真央さん主催のアイスショーに参加をし、各地で成功を収めています。  舞さんはこのアイスショーを12月の島根公演を最後に卒業とされるとか、今後はご自身のやりたいことに進みたいとの思いからだそうです。 

とは言え、フィギュアスケート選手を引退された後は、アイスショーで活躍されたりテレビでスポーツキャスター等タレント活動、また舞台に立たれたりとマルチに頑張っておられるようなので、その事については、現在進行形の事柄として充実されているのではないでしょうか?


また、恋愛関係を無事築くことができるとなっていますので、現在、噂されている方と良い方向に向かう事が暗示されているのでしょうか?
(木村藤子さんからは、結婚は焦らずに、との言葉が、これは何を意味している??)  


3・未来   審判(逆位置)

せっかく良い方向に向かってくれそうになったのに、ここで「審判 逆位置」が出てしまいました。
  
「これまでの努力や苦労を途中で辞めてしまい、自分の可能性を自ら放棄してしまう。 努力の方向を間違って、望まぬ結果に至る」と、なっています。

舞さんには、物事に対して頂点に達する前に飽きるところがあるとの指摘がありました。
そうであるならば、自分のそのような性格を自覚して、最後まで諦めずにやって頂きたいと思います。

私から見た舞さんは、「才色兼備」、素晴らしい女性です。
どうかその恵まれた才能を、大きく花咲かせて欲しいです。




ここからは私見ですので偏った見方をしているかも知れませんがご容赦くださいませ(長いです)


先日のテレビ番組の中で木村藤子さんと対談をされていましたが、未だに真央さんに対してコンプレックスがあると告白なさっていました。 トラウマになっている。
  
過去に姉妹の確執はあったけれど今は穏やかな関係になっているそうですが、スケートの世界に少しでも身をおく限り、真央さんに対するコンプレックスは付いて回るのかな?と。
同じステージに立つと言う事は、相手に対して抱いている苦しみも一緒に付いて来ると.....思います。
けれど、そのような想いは早く克服して頂きたいです。
そうなんですよね、人には「得手不得手」な事柄があるのですから最後までやり遂げることが、克服に繋がるはず。
そのためにも、舞さんの得意な分野でその才能を生かして頂きたいです。

木村さんからの「スケートは合っていない(これは亡くなったお母さまが感じてらした事?)」との言葉に涙されていた舞さんです。 スケートと向き合っている日々は、辛かったんだろうな、妹はどんどん先を走って行ってしまうし。

舞さんは、気質としてアスリートには向いていなかったんじゃないかしら?。


恐らくフィギュアスケートは辞められるのでは?と感じています。  
ある方によれば、舞さんはリンクに立っているだけで「レベル4」なんですって、私も同じ気持ちです。   本当に勿体無いない.....。

それならば、その「レベル4」を好きな分野で発揮して欲しいです。



サンクスツアー参加は、姉として真央さんの活動に協力と言う思いもあったのでしょう。
アイスショー未体験のスケターさんが何人かおらるそうですので、その方たちと真央さんとの間のパイプ役も担ってらしたと考えます。
サンクスからの離脱は、これは私の想像ですが、良く言えば、もうその役目を果たしメンバー間の絆や技術的な事柄が上手く進むようになってきたから.....なのかな?  
舞さんにとっては、皆で作り上げる達成感や楽しさもあったでしょうが、精神的に「きつい」部分もあったりして.....。
それから、これは、そうであっては欲しくない事なのですが、先日のアイスショー公演中に、別のスケーターさんとの接触事故があったそうです。 事柄の詳細は知る由もありませんが、「妹に迷惑を掛けてしまった」と言う思いが少なからずあったのではないかしら?

事故は起きない方が良いに決まっているけれど、事故の事を知った時、最初に思ったのが。

「なぜに舞さんなの?」と。


巡りあわせなのかなぁ?  

木村さんの言葉の中で印象的だったのが。
「真央さんにたいするコンプレックスを未だに抱くのは、舞さんが、強い心と弱すぎる心(ナイーブな心)を持っているから」。

二つの心が自分の中でせめぎあっている状態なのだと思います。
どちらの想いにも浸れないと言うか、それぞれの想いを持った二人の自分が葛藤している、感じかな?   
とてもしんどいと思います。

幼い頃から人一倍頑張ってきたのしょうね、根が真面目なんだよね、きっと。 我慢もしていた。
お母さまも相当厳しい方だったようです。 お母さまとの確執、それが妹との間にも派生してしまう。
「血の涙を流してでも努力する真央さん」、それほどの強い心を持った人は.....いません。
特別。
でもでも、真央さんのことを語る?なんて、私にはとてもできません。 だからと言って舞さんを軽く見ているとかではなく、全てではないけれど、精神面で私自身と置き換えて見てしまう部分があるのは事実です。

結構、ややっこしい性格なのよね、だから、自分で自分を苦しめちゃうのよね^^;
堂々巡りなんだよね、自分でも訳わかんなくなっちゃうんだよね。


自分を赦す、ってことなのかなぁ?  肩の荷を降ろしてください。



自分自身に苦しみ痛い想いをした分だけ、人の心の痛みもわかる人になれる、はず。


いつかきっと.....。






(画像はお借りしています)






Img_3d0d7b97c4a6c98e12b12eba955d2a80
本郷理華 選手
本郷理華 選手


1・過去  節制 (逆位置)

バランスが崩れ不安に。

順調だったはずの選手生活が、怪我や、自分を取り囲む周囲の環境に翻弄され、思うように送れなかったようです。



2・現在  審判 (正位置)

救いの手が差し伸べられる。

練習拠点をカナダに移し、新しく出直そうとしている。  今後に大いに期待ができそう。


3・未来  愚者(正位置)

常識から放たれ、自由に。

しがらみから開放され、心身共に自由になれそうです。  良かったです。
良いことにばかり気を取られていると、反対に良くない事態が起きるかも?
心を正しく持って、慎重に.....ですかしら?

今の日本女子フィギュア界には、正しい姿勢を見せてくれるような、信頼の置ける現役の先輩がいません、残念ですが。

本郷選手に復帰していただき、後輩達のお手本となって引っ張って行ってくださる事を期待しています。

そして、あのダイナミックなスケーティングを見せて下さい。
Img_d69ed1779d8a3658f5d1932aaa4e9993
1.過去   金貨5  (正位置) 

自らの置かれている現状に失望と言う意味もあるようです。
それをフィギュアスケート界に関することと考えるならば、不本意ながら、これまで組織(スケ連)寄りの立場をとっていたと言うことなのかな? それを悔やんでいる?

もしくは、厳しい状況になるが、一時的に安全な場所に避難と見れば。
スケ連から圧力が掛り始めて、関連の事項、例えば解説の仕事を干されるというような事でしょうか?
でも解説の仕事が無くなることは止む無しと考えている?


2.現在   棒 10 (正位置) 

困難や障害、責任から逃げずにやり遂げ成功へと努力していると見れば。
殿の現在の様子から伺えることは、スケ連と距離を置き(これは勇気のいる大きな決断と言えるでしょう)、フィギュアスケート界の現状が良き方向に向うよう行動を起こそうとしている? 


3.未来   剣 10 (正位置) 

困難や問題に直面し行き詰る。 方向の見直しや根本から改めていくことになると見れば。
現状を改善しようと行動を起こすも大敗し前途多難な状況陥るが、失敗を糧に事態は好転に向うと見えます。


4.対策   金貨4  (逆位置) 

相手に譲ること、意地を張らないこと、素直になること、方向を見直すことと見れば。
独りよがりにならず、バランス感覚を大切に、周りからの忠告に耳を傾けることも必要なのかな。


5.環境   剣 7  (逆位置) 

不安定だったことに解決策が見え始めると見れば。
協力者が現れるとの見方も出来るようです。

もしくは、一瞬の判断を誤って失敗をしそうと見れば。
謙虚な心を持って慎重に行動すれば、良い方向に転換できるとあります。
いずれにしても、人に対する謙虚な心は大切かと考えます。


6.願望   聖杯3  (逆位置) 

自分の考えていた方向とは違う道に進んでしまう。道を見失うと見れば。  
上手く運びそうな気配を感じつつも、思うように事が運ばないが、悲観せず精神的に前向きになれるよう気持ちを切り替えてみるのも現状を打開する一つの方法と考えます。

                  
7.結果   吊るし人 (正位置) 

今までの努力や苦労が報われ、それ相応の結果が得られる。と読めます。
結果に良いカードが出てくれて、一安心です。





7枚のカードを見た時の感想は、厳しい気配のカードが多いな...と。
剣7(逆位置)を、どのように判断すれば良いのか迷いましたが、結果の吊るし人(正位置)を意識して、殊更悲観的には考えない事にしました。

今回も、金貨4(逆位置)が出ました。  このカードの出る位置によって解釈が難しく感じる事があります、今回もそうでした^^;
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関西大学フギャスケート部監督・プロフィギュアスケーター・タレントとして活躍中の「殿」こと、
織田信成氏を占ってみました。

織田氏の最近のご様子から、「連盟との間に距離を置こうとしているのでは?何かアクションを起こそうとしているのでは?」等々言われています。  先日開催されたJpanOpenでも、現役選手を脅かすほどの(いえ、間違いなく脅かしていましたね)、スーティングを見せてくださいました。
そして、そのスケーティング技術は、現役時代より進化しており、それはまだ続行中らしいですね。

私達の知る殿の表の顔は、明るくお茶目で、ちょっとチャラ男くんで.....。
でも、そればかりではなく、実はクールに情勢を見極める策士としての一面もあるようです。
「勝算の無い戦いはしない」のが戦国武将だとか、ならばそのお血筋の「織田の殿様」ですから、
何かをやってくださることを期待してしまいますm--m


まだまだ「超」が付く初心者の私ですので、間違った読み解きをしているかも知れませんが、上のカードから見えることは、「これからやろうとしていることを成し遂げるには、障害は大きく、到達する為にはを乗り越えなければならない壁も多く、至難の業といえるでしょう。途中挫けそうな場面に何度も遭遇するでしょうが、人との輪を大切に、悲観せず前向きに進めば、きっとその苦労が報われる日が来ると期待出来ると考えます。
Img_7b379098e14f8972831e224a49f20cb6
紀平梨花 選手


1.過去  金貨4  (逆位置)     協会からの圧力に臆病になり守りに入っていた?

2.現在  棒の女王 (正位置)    大会での優勝や一試合3A2回成功等、好調

3.未来  棒ACE (正位置)     日本女子のエースとしての未来が開ける

4.対策  金貨10 (正位置)     信頼できる人達の輪の中に入る
                        コーチの交代や殿との関係性を
                        強固にする?

5.環境  女教皇  (正位置)    協会やそれに関係する者たちの真実(不正行為や不当な
                        圧力が明らかになる

6.願望  剣の王  (正位置)    試合に勝利することで、リーダー(エース)としての
                        力を発揮し存在感を示す
                     

7.結果  皇帝   (正位置)     勝ち取った力を守り抜くリーダーシップ

                     

こちらの占いの結果において(私見です)

日本女子フィギュア界のリーダー(エース)は、やはり紀平選手のようです。 
金貨の10(正位置)=練習環境に良い変化があるのかな? Hコーチとの別れを示唆する指摘もありますので、さて、どうなるのでしょうか?

今シーズンの紀平選手から目が離せませんね、ロシアのザギトワ選手に肉薄出来る実力があるのは、現在の日本選手の中では、技術・華やかさ・容姿を兼ね備えた、紀平選手だと思っています。 

頑張って頂きたいです。


(追記)

紀平選手のカードを見た時の最初の印象は、正位置が多く、環境・願望・結果においても、高貴で強い意志を感じさせるカード出ていることも、今の彼女の立ち居地を伺わせるものかと思います。

全体的に見て、晴れやかなイメージのカードが多いと感じました。
Img_660aa1ee9c887523d3c2db33f3a59f87
山下真瑚 選手

1.過去   月   (逆位置)  協会からの圧力を受けていた

2.現在   金貨9 (正位置)  世界ジュニア以降、出場大会全てでの表彰台乗りを果たし
                     充実感を感じている

3.未来   金貨5 (正位置)  厳しい状況になるかも? 協会からの圧力が強まるのか?
                     静かに避難すべし

4.対策   金貨6 (正位置)  人と分け合うという気持ちを大切に
                     謙虚な気持ちを忘れずに努力する

5.環境   聖杯2 (正位置)  コーチとの関係は良好である

6.願望   金貨10(正位置)  大会での自らの活躍と賞賛を願い
                     そのための努力は惜しまない 
                   

7.結果   金貨4 (逆位置)  思うように事が進まず一人よがりな行動に陥るかも?
                     周りの忠告に耳を傾け焦らずに用心深く
                      


★ 両選手に出ている、金貨4(逆位置)をどう読めば良いのか? 今回一番悩んだポイントです。


こちらの占いでの結果において(私見です)


山下選手に今必要なのは「待機」「辛抱」なのかな?と感じました。
じっくり腰を据えて、焦らず、新たな武器となる高難度ジャンプの習得に励んで頂きたいです(くれぐれも怪我に気をつけて)。
もちろん、今期の活躍にも大いに期待しております。
(私の一推しは真瑚ちゃんですのでm^^;m)


(追記)

全体を見た感想は、正位置の多さと金貨のカードの多さです。
金貨のカードは、一般的に、仕事や仕事環境、金銭面などを表すとされ、経済状況や社会的な人間関係を表す場合が多くなります。 金銭面や仕事、条件や安定感を表すタロットカードですのでシニア1年目の今年、新たなステージでの挑戦に、前向きで積極的な思いを持っているのでしょう。

ただ未来・金貨5(正位置)が、少し気になるところです。  ヤル気満々ではあるようですが、今はその思いを抑えて、時を待つ時機なのかな?と考えました。

結果の金貨4(逆位置)は未来のカードとの関係性で、ここは目立たずに抑えることかな?と考えました。 
  

★ 紀平選手と山下選手には、上からの圧力が掛けられていると聞いていますが
  一日も早く、そのような環境から開放してあげたいです。
  15歳16歳の若いお二人には荷が重いかも知れませんが、試合で結果を出して頂き、
  正しき男子選手達と共に、フィギュ界の闇を暴く一翼を担って頂きたいと願っています。


Img_44e71e002bc5c01c50abd699406d4a52
1・過去(1年前)   吊るし人  (正位置)   困難を乗り越え成功

2・現在        金貨 7  (正位置)   工夫から生まれる成功

3・未来(半年後)   力     (逆位置)   信じ切れないと失敗

4・対策        悪魔    (正位置)   魅惑的なものに夢中

5・環境        隠者    (正位置)   「道」を追い求める

6・願望        金貨 騎士 (逆位置)   我が道を行くオタク

7・結果        聖杯 2  (正位置)   惹かれて求め合う心


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1・過去(1年前) = 地道に相撲道に取り組み、横綱にも真っ向勝負で勝利し番付を上げていた。

2・現在 = 2017年11月秋巡業での事件の真実を明らかにするべく、司法の場に委ねる決断をした。 
3・未来(半年後) = まだ司法の場での結論は出ないが、可能性を信じて前向きに考えることも必            要。

4・対策 = 強い憎しみの感情をあえて受け入れることによって、自分を利する感情が生まれ精神的       に成長をする。

5・環境 = 孤独になりがちだが、人と向き合うことで人としての魅力がアップする。

6・願望 = 広い視野を持つことも大切。

7・結果 = 信頼できる良き理解者に巡り合える。 相思相愛の暗示。


2017年11月の事件が無ければ、今頃は3役に昇進していた可能性が充分考えられる貴ノ岩関ですが、地道な頑張りで幕内に復帰し勝ち越しを重ねて西前頭13枚目まで戻しています。(先場所の勝ち越しに依り、来場所は更なる昇進が期待されます)
今回、事件の真相究明を民事訴訟と言う形で司法の場に委ねることとなった訳ですが、元横綱を相  手をする提訴ですので、多くの困難が待ち受けていることは必至です。  疑心暗鬼になることもあるでしょうが、自分の殻に閉じこまらず、応援してくれる人々を信じて、又言葉に耳を傾ける事によって、今回の民事訴訟が、勝つことにだけ重きを置くのでは無く、ご自身の人となりの成長の一石となればと思います。



「環境」「願望」の解釈が難解です^^;
センスが問われます、ただただ経験することですねm--m

「結果」の聖杯2(正位置)  「惹かれて求め合う心」をどのように読むかなのですが。


「裁判に勝利する」と読むことも出来ます。
また、苦しい時に影で支えてくれた「良い人」の存在を、考えてしまいます。
大怪我をし、マスコミに追いかけられ、協会から大きなパワーハラスメントを受け、どん底から這  い上がってきたのには、尊敬する親方への想い(恩義)もあったでしょうが、「愛する人」の存在があってこその頑張りであったのでは? との、私の願望が99%入った、見立てと致します。

「勝利」と「結婚」の二つだと万々歳なんだけどね m^^v

(初めてのヘキサグラム・フルデッキの読み解きに苦戦しました。 ついつい考えすぎる傾向にあるようです。
「直感です」とのアドバイスも受けているのですが、「直感」を駆使するには、もう少し時間が掛りそうです、まだまだ勉強しないと.....ですね。  あみんお得意の「ぼちぼちやりますm^^;m)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果  聖杯2 (正位置) について。

日馬富士との和解と読める  とのご指摘

                         E-M様のコメントを引用させていただきました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~