沙羅美っく
Text Size :  A A A
|  Diary  |  Clip  |  Link  |  Help  |
Img_41a1f63cd338650bcfc9eb1b5f839091
昨日届いた  みんなのお人形   1ヶ月前にお願いしていました   そっくりに作って下さっています  ひなのの お目目  やっぱり   おっきいね
Img_b053b62b3ba4840ccfda16d5102d1903
ひなの    今朝  雫の傍に  埋葬しました   左が 雫   右が ひなの  雫一人の時より   お墓が  大きくなりました   しいちゃん  もう寂しくないよね   これからは  ひなのと   ずぅっと  一緒です

お世話になった獣医先生の言葉   「ひなのちゃんの 4年8ヶ月は   人間の 20数年ぐらいなんです    本当に 頑張ってくれました」   って     頑張ってくれました   ゆっくりゆっくり 休んでね    ありがとう   
Img_b83de6d70df47768ef10335a2393fe9b
ひなの   10月2日  午後12時30分頃  亡くなりました   重度の腎臓病を患っていましたが  4年8ヶ月もの間  点滴に通いながら 薬を飲みながら  頑張ってくれました   亡くなる3日ほど前から  少しづつ  食事の量が減って来ていました   脚も随分弱ってしまい   自力で立つことが  出来なくもなっていました   その少し前に   病院で点滴を受けたばかりでしたので   様子をみていましたが  1日の朝から  食べることが出来なくなっていました   晩年は   目が見えず  少し痴呆もあったと思います   けれど  かぁちゃんが手伝う時もありましたが    朝夕の食事は   きちんと  自分で食べてくれました    本当にべっぴんさんな  ひなのでした   かぁちゃんが   保護犬と言われるワンちゃんを 迎えるきっかけを作ってくれたのが  ひなのです  2日は  午前中  鈴の助の しつけ方教室の日でした  12時25分頃に帰宅   ひなのの様子を確かめたら   なんだか呼吸をしていないような気がしました   慌てて抱き上げると   少し顔を動かしてくれました   口を拭いてやりたかったので   タオルを取りに行き   もう一度ひなのの所に行くと   呼吸が止まっていました   待っていてくれたのでしょうか   傍を離れなかったら良かった  と言う  思いもあります   けれど  やっぱり  ひなのは   分ってくれていたと   思っています       明日   雫の傍に  埋葬します    とぉちゃん    かぁちゃん  悲しいけれど   大丈夫です   
Img_840f4ca6287e85d028c751b611a23653
Img_0e18d07f6f6f84b8e12e05f5383f4ba1
鈴の助   23日の「わんわん塾」   仲良しのブライトくんと  思いっきり遊んで   寝そべっているブライトくんの背中に飛び乗り  腕白全開の  鈴坊   先生から一言 「鈴 悪いなぁ~~~」  かぁちゃん  言葉がありませぬ
Img_28555edfd6b1373855631a17dd53b67b
未来    。。。。。